puzzle パズル道場とは
遊びながら脳を鍛え、才能を伸ばす!!
パズル学習は理想的教育手段です。
すぐれた算数パズルは、論理的思考力、着眼・推理・分析能力、ねばり強さ等が遊びながら育成されるまさに理想的な教材です。
また、中学入試においても『パズル的な思考』を必要とする問題やパズルそのものの出題が年々増加傾向にあります。
中学入試対策に実績を残した『算数パズル』と
『空間把握能力育成プログラム』が合体!!
パズル道場とは、中学入試対策に実績を残したり、あきらかに必要と考えられる算数パズルと、算数のセンス育成に不可欠な
『空間把握能力育成』のためのプログラムを合体させた、他に類のないカリキュラムによるトレーニング教室です。
自分でできた喜びと、考えることの楽しさを体感することで、
主体性が養われます。
さらに、前述のカリキュラムを、楽しく、かつ、真剣に、そして継続的に取り組ませるために『パズル検定』と『パズルオリンピック』という
2つの指針を設定。これにより、様々な能力を身に付けながら、自分でできた喜びと、考えることの楽しさを体感するので、
最も重要な学習に対する『主体性』が養われます。
使用パズルの概要
puzzle パズル道場で育成される能力
スポーツの世界においては、その競技の一部を反復する訓練とは別に、筋力・持久力・瞬発力等の身体能力育成が不可欠ですが、
学習においても、スポーツにおける身体能力にもあたるものが存在しており、それを育成する事が不可欠です。
パズル道場で育成される以下の能力は、まさにその学習面における身体能力的なものです。
また、これらの能力が育成されるという事は、様々な局面で必要な思考力が身につくわけですから、
単に学習のみならず、日常における問題解決能力も育成されます。そして、最も重要な主体性が育成されます。
条件整理、図形のセンス
puzzle パズル道場カリキュラムT(10級〜1級)
パズル道場カリキュラムT
puzzle パズル道場カリキュラムU(初段〜師範)
パズル道場カリキュラムU
puzzle パズル検定
パズル検定は、全国各地のパズル道場実施会場で、毎月実施されています。20級〜1級、初段〜師範の計30段階の検定試験です。
各級の検定項目を会場における練習時間または家庭において事前に練習し、検定に挑戦します。
そして、合格すれば次に進みますが、不合格の場合は、再度挑戦することができ、また、他の項目に挑戦することもできます。
(ただし、不合格項目が合格するまでは、『級』、『段』は認定されません。)
合格後は、1ヶ月毎に認定書が発行され、ホームページ及び結果一覧(冊子)に掲載されます。
puzzle パズルオリンピック
1ヶ月に1度、決められた項目のタイムを競い合うのが『パズルオリンピック』です。上位者は、ホームページ及び結果一覧(冊子)に掲載され、賞品が贈呈されます。(最高記録は『年間新記録』として認定されHP上に掲載されます。)
パズル道場懸賞問題
puzzle 受講生みなさんの声
受講生みなさんの声
puzzle パズル道場 特別顧問
 パズル道場 特別顧問 伊藤恭 先生

 幼児教育および能力開発の理論・プログラム作成・指導のすべてにおいて、国内屈指の先生です。
とくに、幼児のうちに小2〜3程度の知性を育てる『ピグマリオンメソッド』は、多くの子ども達の能力を驚異的に伸ばし、幼児教育界に革命をおこしています。
 また、思考力教育の普及に力を注いでいる他にも、人間性(社会性)育成教育を構築すべく、さまざまな活動を行っています。

・ 自ら百姓資格を取って取り組む、子どもと自然・農業の触れ合い行事を行っている。
  <丹波花飾りの里>(田畑森林、約10万坪)。
・ 教育者自らが生き方を見せるためと、人間性育成運動『輝く瞳運動』のために取り組む、スリランカ関係の活動の色々。
 (スリランカ民主社会主義共和国特命全権大使/(社)日本スリランカ教育協会理事長/SENEHASA財団理事長/
  (国連認証団体)グリーンクロススリランカ顧問
  現在スリランカの小学生〜大学生96名に、個人的に奨学金を提供しています。)
・ 日本人の精神世界・人間性探究のために行っている仏教の研究。
 (天台宗貫主大僧正/(宗)仁和寺御室派常樂院責任役員)

     ≪ホームページ≫ http://www.pygmalion.co.jp/

 パズル道場においては『点描写』『積み木』『天地パズル』『マグプレート』の4つのプログラムをご提供いただいております。また、パズル道場の空間把握能力育成の理論も伊藤先生からご指導いただいた理論を基に作られたものです。
 さらに、パズル道場スタート時において、様々な有形無形のご尽力を賜りました。伊藤先生の存在無くしてパズル道場は現在の形にならなかったと言っても過言ではありません。
 現在も、特別顧問として様々なご助言をいただいております。
 また、伊藤先生とEプランニング/パズル教育研究会 代表 山下善徳とは、お互いの理論やプログラムを利害関係無くして自由に活用できるという特別な提携関係にあります。
 これは、単なるビジネスとしての提携ではなく“良いものであれば子供たちの為にお互いを活用しよう”という考え方からですので、単純にブランドを変えて販売するとかではなく、お互いが自分のプログラムを強化する上で、相手の理論やプログラムの一部を引用又は改良して自分のプログラムに組み込むという形の提携であり、かつ、信頼関係の上に成り立っている為、一般的な提携とは大きく異なるものです。
 パズル道場は、毎年バージョンアップをし続けていますが、これは前述の提携関係があるという事が不可欠であることは言うまでもありません。